体験談

【体験談】かき氷屋の出店を一日中やった感想【良い点、残念な点、】

shaved ice

日本全国で猛暑に見舞われる中、下北沢の駅前で開催された地方PRイベントのお手伝いに行ってきました。

気温は35度くらい、朝の9時ごろから夜の8時ごろまでかき氷を作り!

その時のことをつらつらと書いておきます。

イベントをサクッと紹介

詳しくは後日!こうご期待!

イベントを通して思ったこと

準備は大切

準備しても当日その通りに行くことはないとしても、、準備は大切!

段取りやいつ誰が何をどうやるのかを、事前にざっくりは決めておかないと当日スピーディにことが進まない!

私がお手伝いで参加した日は、なんとか営業までこぎつけていましたが、なんだかなぁって感じでした。

自分はお手伝いで、給料も出ないし、利益がどうとか知ったこっちゃないので気にしませんでしたが。

目的は明確にすべき

出店の目的・戦略がよく分かりませんでした。

イベント自体はとある地方PRのためのものでしたが、それなら出店も地方PRに特化すべきだなと。

割高で売っている印象が拭えなかったので、安く売って口コミでお客さんを増やすとか。。

なんだかなぁって感じでした。

衛生管理は悪い

知っていることでしたが、実際に出店側に立つと改めて衛生管理悪いんだなと痛感しました。

具体例は割愛。

イベントに参加して良かったこと

人をジロジロ見ることができる

「いらっしゃいませー」

と言いながらだと、人をジロジロ見ることができる。

これは、なかなか楽しかった!

すぐに別の方向を見る人もいれば、微笑んで会釈してくれる人もいる。

下北沢という土地もあってか、オシャレな人もいて飽きることはなかった。

かわいい子もたくさんいた!

ありがとうを言われる

ありがとうと言われることがあって良かったなと。

面と向かって、ありがとう!とか美味しかったよ!って言われる嬉しいもの。

感情が伝わるし、やる気が出てくる!

出会いがある

お客さんではなく、スタッフとの出会いがあります。

今回お手伝いで何人か来ていたのですが、鳥取がバックグランドにあって意気投合しやすくかったです。

会社員って人はあまりいなくて、フリーランスだったり、イベントの主催してる人だったりで面白いなと。

イベントに参加して残念だったこと

運営体制が整いきってないこと

体制が整っていないからお手伝いを募集していたと思うのですが、バタバタ感が否めなかった。

私が見えないところで準備が忙しかったんだと思いますが……。

身内ノリ

お客さんがどうしても関係者の知り合いが多く、お酒も入って一緒に騒ぎ出しちゃうとハタからみると残念。。

地方PRが目的ならスタッフはそこはグッと抑えてほしいなと。

地方PRとは?

お手伝いでいったワケですが、、

運営がグズグズだったのは仕方ないとして、目的である地方PRに対する情熱を感じないのが残念でした。

次にお手伝いの募集があっても、お手伝いはしないかなと。



まとめ:やってみることは発見がある

イベント自体には思うことはありましたが、出店の経験をさせてもらえたことは良い経験になりました。

やってみないと分からない発見や気づきがあって、挑戦してみることの大切さをしみじみ感じました。

もちろん、かき氷作りもうまくなりました!

以上!

(かき氷屋ってボロい商売……)

ABOUT ME
t
t
せっかくブログを書くんだから、どこかの誰かのに役に立てばいいんじゃないかなと。

そんな熱い想いで書き綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

記事中で隠れミッキーならぬ、隠れおじさんがコメントをくれます。楽しみに!