徒然

報連相の意味と報連相の前に覚えてほしいことの話

社会人になったら「報連相をしっかりやること!」と教えられた経験がある人もいるはず。

会社員の道に進んだ場合は、新入社員のときに教え込まれるんではないでしょうか?

仕事をやる上で大事なことですが、思うことがあったので徒然と書き綴ります。

ちなみに報連相とは「報告」「連絡」「相談」のことです。

報告・・・依頼事項に対して、経過や結果を依頼者に知らせること
連絡・・・単なる情報(事実)を伝達すること
相談・・・判断に迷うとき助言をもらうこと

報連相に思うこと

報連相ってよく新入社員に教え込まれますよね?

私も新入社員だった頃に「大切なんだよ?」「信用がなくなるよ?」「報連相ができて一人前なんだよ?」と宗教のように言われ続けました。

もちろん新人に勝手なことをやられても困るし、責任者は責任をとる立場なので全てのことを掌握しておきたいということもあると思います。報連相を否定するつもりは全くありません。

ただ、報連相って年を重ねた人ほどやらなくなる。単純に面倒なのか、報連相することがないのか、それとも、報連相は部下が上司にやるものと思っているのか

上司もせえよ!!!

内容にもよるけど、現場レベルの話は勝手に決めるなよと。意味不明です。

文句を言っても伝えるのを忘れてたとか、もう決まったことだからとか。意味不明です。

おじさん
おじさん
お〜分かった。悪かったな。

って感じで流される(もちろん、改善されない)ときは、腹立たしさMAXです。

仕事をやる上で、上司が部下に報連相したっていいと思うし、出来ないのはただのプライドが邪魔しているだけとか、仕事を分かったつもりでいるんだろうなと思う。

まぁきっと、上司なりの苦労や不満もあるんだろうけど。

・・・何が言いたいかというと、報連相は新人だけでなく年を取っても部下や上司に平等にすべきだということ!

報連相の前に覚えて欲しいこと

報告や連絡をするのはいいけど、その対応を学んでいる人っているのだろうか?

学びとまでは言わなくても、報告や連絡を受けたら、労いでもいいし、アドバイスでもいいし、分かった!だけでもいいから何か返事をすると思う。(え、しますよね?笑)

例えば、

Aさんがメールで「〜の件、お願いします。」と送る。

Bさんから返事がない。

Bさんに電話すると「もうやったよ」と。

・・・

いや、教えろよと!

あと、Bさんの仕事の後に、Aさんが「ありがとう」と言わない場面もあっていかがなものかと感じてしまいます。

仕事お願いして「ありがとう」も言えんのか!と。

「ありがとう」があって当たり前と感じてしまうのは、自分の価値観を押し付けている気がするからいいけど、仕事をする上で返事くらいはすべきだと思いました。

これも自分の価値観押し付けてるのだろうか・・・。難しい。

まとめ:自分の戒め

報連相よりも大事なことと言いましたが、社会に出て学び身につけることはたくさんあって、今回紹介した返事以外にもたくさんあるかと思います。(返事は社会に出て学ぶものではない気がするけど。)

ただ、忙しくても返事・返信くらいしようや!と思ったわけです。小学生でもできるぜ!と。

報連相だって社会人なら部下にだって誰にだってやろうぜ!と。

そして自分も部下の対応はないがしろにしてないか気をつけようと思いました。

以上!

ABOUT ME
かいと
かいと
あれこれつらつらと書き綴ります。有料記事が好評のようで嬉しいです。

詳しいプロフィールはこちら

有料記事はこちら