徒然

仕事ばかりしているあなたへ!迷子の女の子から思い出した大切なこと

突然ですが、迷子の人に声をかけられることってあります?

たまにあるかな〜って感じだと思います。たぶん。

先日、新宿に買い物に行ったとき、迷子の女の子に声をかけられました。女の子といっても18、19才くらいのもう大人な感じの女の子ですよ。

その時にハッ!とする体験をして、後々頭でリフレインしてしまったのでその体験を記録しておこうと思います。

東京で働きづくめのあなたに届きますように!

第1章:仕事ばかりの社畜できあがる

仕事

私の地元は鳥取です。就職のために20才のときに東京へ引越してきました。

就職してからは、

お金を稼がなければ・・・

上司に認められなければ・・・

成果を出さねば・・・

という思いから毎日働きました。21時ごろまで仕事をしていたので、家に帰ると22時です。

家に帰ったら風呂入ってご飯食べて寝るみたいな生活を繰り返していました。

さらに、休日も呼び出しがあれば駆けつけるという社畜っぷりです。

そんな生活のおかげで、立派な機械のような仕事人間が出来上がりました。

第2章:新宿で迷子の女の子に声をかけられた

バス

それは私が新宿三丁目の駅(地下)を歩いていた時のことです。

私は陽の光がない地下から、地上に出ようとしていました。もちろん、イヤホンで音楽を聞いてノリノリです♪

その時、急に女の子が目の前に現れて何か喋っています。どうやら自分に声をかけているようだなと思いイヤホンを外しました。

ついに逆ナンされるようになったか〜と思い、話を聞いてみると、

女の子
女の子
バスタに行きたいんですが、どうやって行けばいいでしょうか?

逆ナンではない、残念!ちなみに、バスタは新宿にあるバスターミナルです。

新宿三丁目からは10分もかからない距離なので、

たぶち(仮)
たぶち(仮)
ここを真っ直ぐ進んで、あそこを右に曲がって、真っ直ぐ進んだら左手に見えますよ!

と紳士的に回答しました。

すると、不安気な顔。しかも、急いでそう。

たぶち(仮)
たぶち(仮)
(まさかこいつバス出発ギリギリなのか…!?)

少し会話をしたところ17時発の仙台行きのバスに乗り地元に帰りたいらしい。現在、16時43分。

道を知っていれば余裕で間に合う時間・・・!

しかし、その女の子は困った顔・・・!

ってことで、もうバスタが見えるところまで一緒に走ることにしました。優しい!

バスタの近くまできて、

女の子
女の子
もう場所が分かりました!ありがとうございます!

と女の子が言いました。

私も安心して、

たぶち(仮)
たぶち(仮)
じゃあ気をつけて!

と言って別れました。

第3章:5年ぶりに感じた感情

thank you

日常の割とありふれた微笑ましい光景のように思えますよね。私が何にハッとしたのかと言うと・・・

その女の子の「ありがとうございます!」という一言に対してなのです。

あんなに感情を込めて言われたのは5年ぶりかと。5年前に何があったか覚えてないけど。

ただ、本当に困ってて助けてもらったから心から出た言葉なんだと思います。そして、これからも当分言われるような気がしない。

そのくらい衝撃的な体験でした。人のために動いたなぁと幸せのようなものを感じました。(大げさ



第4章:人生における自分の戒め

仕事ばかりしているあなたへ、最近、心を込めて「ありがとう」を伝えたことはありますか?

きっと、「ありがとう」は形式張って伝えることも多くて、本当に心から感謝を伝えることってなかなかないんじゃないのかなと思います。

簡単な言葉だけど、心を込めると、とてもグサッとくる言葉だなと私は痛感しました。

そして、何より心を込めると相手の感情を動かすんだなと気付かされました。

仕事ばかりでどこかに大切な何かを忘れていた気がします。

この体験を通して、

  • 今日からは心を込めてありがとうを伝えよう!
  • ありがとうと言われるようなことをしていこう!

そんなことを思いました。

心を込めてありがとうと伝えたことあったけな?と思うようなら、明日からいや今日から実践してみてください。

実践するだけで素敵な人間になれること間違いなしです!

私が保証します!

以上!

(あの女の子可愛かったな〜。)

ABOUT ME
t
t
せっかくブログを書くんだから、どこかの誰かのに役に立てばいいんじゃないかなと。

そんな熱い想いで書き綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

記事中で隠れミッキーならぬ、隠れおじさんがコメントをくれます。楽しみに!